2017.07.20

アルバイトとは違う、インターンシップで学べること

インターンシップとは「仕事を体験すること」で、基本的には無報酬ですが、長期インターンシップになると報酬があるケースが増えてきました。

お給料をもらうという点では、アルバイトと同じような気もしますね。では、アルバイトとインターンシップの違いを見ていきましょう。

アルバイトは「収入」インターンシップは「成長」

まず「アルバイト」とは、企業などが「労働力の確保」のために募集をするものです。

内容としては、マニュアルを覚えるような業務がほとんどです。アルバイトの中には「社会経験」という一面もありますが、主な目的としては「時間当たりの労働に対する対価=集乳を得る」ことになります。

一方の「インターンシップ」は、自分自身将来のキャリアプランのために、実際に企業の中で「仕事を体験すること」を目的にしているため、与えられる仕事や責任も大きくなります。

マニュアルで動くのではなく、自分自身で考えて行動することが求められるのです。

その点でアルバイトと大きな違いがあるといえるでしょう。

企業の一員として仕事を体験することは、スキルや意識の向上へつながり、自分自身を「大きく成長させる」ことにつながります。

インターンシップで何を手に入れる?

単純な労働力であるアルバイトと比べると、インターンシップはインターン生としては将来のキャリアアップを、企業側としては将来的な人材確保を目的とすることが多いため、非常に大きな学びを得ることができます。

働く自分の具体的なイメージ・今後の目標が見えてくる

実際の現場で働くことで、将来の仕事へのイメージがより明確になります。

また、体験する企業の中で目標にしたくなるような社員=頼れる先輩が見つかるかもしれません。

自分の今の力に気づくことができる

実際の仕事を任されることで、今の自分にできること、できないことを把握することができます。その後の大学生活の中で「この業界で働くには今後自分がどのような努力をすべきか」という、目的意識が明確になるでしょう。

人脈ができる

実際の企業で働いている社会人と知り合うことで、様々な情報を得ることができます。将来、他の企業に就職したとしても、このような人脈を持つことは、あなたの財産になるはずです。

また、同じインターンシップに参加した学生と知り合うことで、学生同士のネットワークが構築できます。情報交換しながらお互い今後の就職活動に役立てましょう。

社会性が身に付く

就業体験とはいえ、企業の中で現実の社員に近い経験ができます。働いている社会人と接することは、ビジネスマナーや常識を身に付ける貴重なチャンスとなるでしょう。

理想と現実のミスマッチを減らす

例えば、「この業界にはこんな仕事があるだろう」「この業界で自分はこんな仕事をしたい」など、雇用される側にも色々な考えがあります。業界のイメージというものもあるでしょう。せっかく就職したのなら、長く働き続けることや、多くの学びを得る仕事を任される方が、自分自身のスキルアップにもつながっていくのですが、実は新入社員の離職率は以外と高いのです。厚生労働省が行っている調査によると、新卒者のうち3年目までに離職する人は、大学卒<短大卒<高校卒<中学卒の順で多くなる傾向があります。一番少ない大学卒でも、就職後3年目までにおよそ30%が離職しています。その理由は様々ですが、企業側としてもこういった「卒後数年での離職」を食い止めるべく「雇用のミスマッチを無くす」という考え方にシフトしてきています。そこでここ数年拡大しているのが、インターン制度の導入なのです。

インターンシップで将来の自分を見つけよう!

大学に入学したのは良いけれど、卒業してから自分が何をしたいのか分からず焦ることもありますよね。また、やってみたいことが決まっていたとしても、どのような努力をすべきなのか、どうしたらその仕事に就くことができるのか、具体的には分からないものです。

例えば「アルバイトでお金を貯めて、海外を旅しよう!」

これも大変素晴らしい目標です。学生時代にしかできない貴重な経験をすることは、一生の財産になります。自分について考える良い機会にもなるでしょう。

一方のインターンシップは、アルバイトのように気軽な気持ちで参加できるものではありませんが、将来の自分のキャリアを具体的に考える、非常に貴重な機会になります。

インターンシップでは学んだことは、今後の学生生活や、就職活動、さらに就職した後にも大いに役立つでしょう。

その他のオススメ記事

【スタッフ】第3回デジタルインターンシッ……

最高気温が35度を超える猛暑日でしたが、東京大学、立教大学、東京理科大学などの学生にお越しいただきました。「デジタルマーケティングとは、SF

インターン受けるなら中小企業!おすすめ理……

「就職なら大手企業を受けるべき」、「大手企業に入れば安定」…… 大学生の大手志向は、以前からもありましたが、ここ数年、再び上昇傾向にあ

デジタルマーケティングに適応するために!……

技術が発展してきた昨今では、小学生のカリキュラムにすら、「プログラミングを学ぶ」ことが含まれるようになり、何かを調べる時にも「インターネット

アルバイトとは違う、インターンシップで学……

インターンシップとは「仕事を体験すること」で、基本的には無報酬ですが、長期インターンシップになると報酬があるケースが増えてきました。

その他のオススメ記事

知ることから始めよう インターンシップっ……

「インターシップ」という言葉は、聞いたことあるけれど、実際はどのような制度なのか……、イメージが沸かない方も多いのではないでしょうか。ここで

【スタッフ】第4回デジタルインターンシッ……

2017年9月13日(水)に第4回デジタルインターンシップを開催しました!慶応義塾大学の三年生、早稲田大学の一年生が参加してくれました。今回

動画まとめ3 リンダ・ヒル:集団の創造を……

「イノベーションにおける優れたリーダーシップ」について研究をしてきたリンダ・ヒル氏。彼女はこれまで、世界7か国、12の産業で働く16人のリー

【スタッフ】第一回デジタルインターンシッ……

第一回のデジタルインターンシップセミナーを終えました。 参加者の大半が海外大生という異色の雰囲気の中、常に白熱したセミナーとなりました。

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

お問い合わせ