2017.08.09

日本の大学生が夏休みにやっておくべきこと

8月といえば夏休み。日本の大学に通う皆さんは、一体どのような夏休みを過ごしているのでしょうか。社会人になると、夏休みは必ずしも8月ではありませんが、それでも一般企業の多くは、8月半ばに比較的長めの休暇を取ることがあります。社会人の夏休みは、1週間から10日程度が限界。それ以上の夏休みは、下手すると「机が無くなる」ことを意味していることもあるそうです。

さて今回は、僕たちのメンターでもある、社会人の先輩に聞いた「日本の大学生が夏休みにやっておくべきこと」をピックアップしました。

 

その1 現実世界で、人との「つながり」をもつ

大学生の夏休みともなれば、数週間あるのが普通。その間、普段はできないことに挑戦する人は多いでしょう。リゾート地での長期アルバイトや、合宿しながらの運転免許の取得、長期間の旅行や帰省、「自分探しの旅」と銘打った海外旅行など、やりたいことはたくさんあります。その中でもっとも重要なことは「普段会えない人との“つながり”をもつ」ことだそうです。

いつもなら、学校と家との往復、サークル活動、もしかするとアルバイトなどで、多くの人たちと出会います。しかし、ある程度ルーチンな生活をしていると、それ以上の人とのつながりは、意外と広がっていきません。大学生になったばかりの頃は、新しい出会いや刺激もありますが、2年目、3年目となると、なかなか「新しい出会い」は見つけにくくなってきます。

もちろん、これまでのつながりを大事にすることも必要なのですが、今までには無い人間関係、二度と会えないかもしれない人との出会いなど、夏休みという長い時間を利用し、新たな出会いを見つけ、つながりをもつことは、この先の人生に何らかのヒントを与えてくれるかもしれません。

 

その2 じっくりと「本を読む」

僕たちは、スマホやPCを使って、ネットで情報収集することが日常的です。電車での移動中、寝る前のプライベートな時間、仲間内で食事にいくときなど、情報はすぐそこ、いつでも手に届くところにあります。

しかし、新しい情報、すぐ手に届く情報だけではなく、自分の考え方、モノの見方、これから先に待っている社会人として持つべき知識など、「本」には重要な情報が溢れています。

特に、自分が専門としたい分野の書籍、教授が勧める書籍など、先人の知を頭の中に入れておくことは、自分の自信にもつながります。特にこの先、自分が進みたい専門分野の知識や自信を、少しでも持っているかどうかは、就職活動に大きく影響してくるそうです。

例えば面接の時「あなたはこの分野に就職したら、どのような仕事をしていきたいですか?」と聞かれたとき、通り一遍等な回答だけではなく、自分が進みたい方向性について、上手に回答することができるでしょうか。

あるメンターの方にいわれた言葉で、次の様なものがあります。「資格を取ることは大いに結構。ただし、資格を取ることを目標にしてしまうと、そこで燃え尽きてしまい、仕事がデキなくなる人もたくさんいる。大事なのは“自分がどのような仕事をしたいか”であって、資格はその通過点でしかない。」これを聞いた時、僕は何となくですが、自分の方向性を大学生の間に見つけておくべきだと思いました。そのためにも、誰が書いているのか分からないネットの情報だけではなく、「本を読む」ことで得る知識も、必要なのではないかと考えるようになりました。

 

その3 バイトも良いけど、インターンもね

インターンと聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。僕もインターンを始める前は、アルバイトとの区別がつきませんでした。でも実際に長期インターンを始めてみると、その違いが分かるようになりました。

  • アルバイト:内容としては、マニュアルを覚えるような業務がほとんどで、主な目的としては「時間当たりの労働に対する対価=収入を得る」ことになります。
  •  インターンシップ:自分自身将来のキャリアプランのために、実際に企業の中で「仕事を体験すること」を目的にしており、与えられる仕事や責任も大きくなる

という違いがあると思うのです。

短期のインターンでは、思う様な収入にはならないことがあります。それならばアルバイトの方が良い、という人もいるかもしれません。

でも、僕らのような長期のインターンの場合、与えられる仕事の内容、それぞれの役割は、実際の社員の方と変わらない部分もあります。もちろん、学生が出来る範囲というのがありますから、最終的にはメンターの方からのフォローはありますが、それでも「これは僕がやった仕事」というのも、少なからず存在しています。それだけ責任も大きくなりますが、やりがいとしては、アルバイトよりも数段上なのです。

 

まとめ

長い長い夏休み、何となく過ごしてしまうのは、とてももったいないことだと、僕自身は考えています。夏休みだからデキる事、夏休みだから始められることを探して、一回り成長した自分を、見つけてみませんか?

その他のオススメ記事

動画まとめ1 サイモン シネック: 優れ……

現代の世の中で「優れたリーダー」に求められる資質とは何なのか。それは「人を引き付け、周りの人間が自ら動くという気持ちにさせる何か」を持った人

【スタッフ】第一回デジタルインターンシッ……

第一回のデジタルインターンシップセミナーを終えました。 参加者の大半が海外大生という異色の雰囲気の中、常に白熱したセミナーとなりました。

日本の大学生が夏休みにやっておくべきこと

8月といえば夏休み。日本の大学に通う皆さんは、一体どのような夏休みを過ごしているのでしょうか。社会人になると、夏休みは必ずしも8月ではありま

インターンシップでスキルを身に付けよう!

短期インターンシップでは、期間的に何かしらのスキルを得るには不十分なケースがありますが、長期インターンシップになると、ある程度は「技術的なス

その他のオススメ記事

外資就活を目指すなら、中小企業の長期イン……

大学生になると、「将来の自分」を思い描くようになる人は多いでしょう。特に2年生ともなると、ある程度自分の方向性が見えてくるのではないでしょう

営業経験が就職に有利は本当なのか?

営業経験が就活や転職活動で有利になる。まずは営業から始めよう!最近、このような記事をネット上でよく見かけます。なぜ、営業経験があると就活で有

動画まとめ1 サイモン シネック: 優れ……

現代の世の中で「優れたリーダー」に求められる資質とは何なのか。それは「人を引き付け、周りの人間が自ら動くという気持ちにさせる何か」を持った人

アルバイトとは違う、インターンシップで学……

インターンシップとは「仕事を体験すること」で、基本的には無報酬ですが、長期インターンシップになると報酬があるケースが増えてきました。

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

お問い合わせ