インターンシップに参加したいと思ったら、まずはエントリーをして応募、という形が一般的です。いざ応募メールを作成する際に「ビジネスメールってどう書いたらいいの?」と悩む人も多いでしょう。今回は、インターンの応募メールの書き方について紹介していきます。

インターンシップに応募するには

まずはインターンシップに応募する方法から確認しましょう。インターンシップに応募するには、希望する企業のHPから直接申し込む方法と、インターン情報サイトを通して申し込む方法があります。

企業のHPから直接申し込む場合は、自分からHPを確認しに行く必要があります。うっかりしているとインターンの募集時期を逃してしまう恐れがありますので、大切な情報を見落とさないよう頻繁にチェックするようにしましょう。

インターン情報サイトを通して申し込む場合は、募集企業を一度に閲覧することができます。志望企業以外にも興味のある業種や職種のインターンシップ開催を知ることができますので、複数企業に申し込みやすいというメリットがあります。

応募メールはどう書いたらいい?

それでは、応募メールの書き方について詳しく紹介していきます。ビジネスメールを送るときの基本的なマナーにもつながりますので、よく確認しておきましょう。

件名はどうする?

件名は「具体的に、シンプルに」を心がけましょう。メールを受け取る担当者は、インターンの応募だけでなく、さまざまな用件のメールを受信しています。たくさんのメールの中にまぎれたとしても、一目で内容がわかるような件名にすることが大切です。

内容としては「要件」と「名前」を入れるといいでしょう。たとえば「インターンシップ参加申し込み ○○大学◇◇学部 氏名」というように、できるだけ簡潔にまとめます。「インターンシップ申し込み」だけでは誰からのメールかすぐには判別できないので、大学名と氏名を入れておきましょう。

宛名はどう書くの?

メールの冒頭にはまず宛名を書き入れます。次のように書くといいでしょう。

————————————————————————————–

例①:

株式会社○○

総務部人事課 ○○○○様

 

例②:

株式会社○○

総務部人事課

インターンシップご担当者様

————————————————————————————–

担当者の氏名がわかっている場合は、上の例のように書きます。氏名がわからない場合は、②のように「担当者様」とすれば失礼はありません。

会社名の後に「御中」とつけるのが正しいと勘違いする人がいますが、担当者の名前がわかっている場合は「御中」はつけずに、氏名の後に「様」をつけます。会社もしくは会社の中の部署宛てに送る場合は、「株式会社○○御中」もしくは「総務部人事課 御中」のように御中を使用します。

本文の書き出しは?

宛名の次は本文に入ります。本文の書き出しには、「初めてメールをお送りいたします」「突然のメールにて失礼いたします」といったあいさつ文を書きましょう。あいさつの後に、大学・学部と氏名を名乗るようにします。例としては、以下のようになります。

————————————————————————————–

初めてメールをお送りいたします。

私は○○大学◇◇学部△△学科3年の○○○○と申します。

貴社のホームページにてインターンシップ募集の案内を拝見し、

ぜひ応募いたしたくご連絡差し上げました。

————————————————————————————–

本題に入る前に、「あいさつ」「自己紹介」「要件の概要」の3つを書くようにします。

本題はどう書いたらいい?

本題の部分には、インターンに参加したいと思った志望動機を書きます。漠然とした志望理由だけでは、あなたが参加したいと思った熱意を伝えることができません。その会社のどこに魅力を感じたのか、なぜインターンに参加したいと思ったのかを具体的な言葉で書いてみましょう。

ただし、文章があまり長くなってしまうのは逆効果です。熱意を伝えることは大切なのですが、言いたいことは簡潔にまとめるようにしましょう。

どうやって本文を締める?

本文の最後には、締めの言葉を入れるのがマナーです。インターンシップの応募メールでも、一般的なビジネスメールと同じように締めの言葉を入れましょう。

具体的には、「ご検討の程よろしくお願い申し上げます」「ご検討くださいますようお願い申し上げます」など、検討をお願いする文を入れるといいでしょう。

メールの最後は名前を入れるの?

メールの最後には氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどを忘れずに書くようにします。ここに記入しておかないと、担当者が連絡をしようと思ってもどこに連絡をしたらいいのかわからない、という事態が起こってしまいます。例としては以下の通りです。

————————————————————————————–

○○大学◇◇学部△△学科3年

氏名

 

〒郵便番号

東京都○○区○○○○○○○○0-0-0 △△△105号室

携帯電話:090-0000-0000

メールアドレス:abc@000000000.jp

————————————————————————————–

上記のような署名を、メールの最後に入れるようにします。

まとめ

今回は、インターンの応募メールの書き方について紹介してきました。社会人になる前の準備として、ビジネスメールの書き方を知ることはとても大切です。ぜひ身につけておきましょう。