インターンシップや就活の面接の場で、必ずと言っていいほど最初にするのが自己紹介です。自己紹介では採用担当者に好印象を与える必要がありますが、どのような内容や組み立て方をすれば好印象につながるのでしょうか。効果的な自己紹介のポイントをまとめていきます。

自己紹介は何のためにするの?

自己紹介をする目的はなんでしょうか。大きな目的は、コミュニケーションのきっかけをつくることです。自分のプロフィールを簡潔に紹介し、相手とコミュニケーションしやすい雰囲気づくりを行うことが目的になります。

好印象を与えることによってその後の会話も友好的に進んでいきますので、まずは相手から良い印象をもってもらえるように努めてみましょう。

自己紹介の内容と自己PRとの違い

自己紹介の目的がわかったところで、今度は自己紹介の内容について考えていきましょう。

自分を知ってもらうための自己紹介ではありますが、何を話してもいいというわけではありません。範囲を超えた話をしてしまうと、担当者は「自己紹介の意味を取り違えているんだな」と判断してしまいます。

また、「自己紹介と自己PRの区別がつきにくい」という人もいるようです。自己紹介ではプロフィールを簡潔に述べます。一方、自己PRでは自分の能力をアピールしていきます。それぞれの違いをしっかりと理解して、効果的な自己紹介を行いましょう。

具体的には何を話せばいい?

それでは、具体的な内容について紹介していきます。自分のプロフィールを簡潔に説明し、コミュニケーションのきっかけになるような自己紹介を行うには、どのような項目を話したらいいでしょうか。

大学名や氏名

基本中の基本です。大学名、学部・学科名、氏名をはっきりと伝えましょう。「○○大学○○学部○○学科から参りました、○○○○です」という挨拶から自己紹介を始めるといいでしょう。

これまで学んできたこと、経験してきたこと

大学で学んでいること、日常的に行っていることを簡潔にまとめましょう。「大学では○○について学んでおります」「○○の競技を〇年間続けています」など、その後の会話につながりそうな自己紹介を心がけましょう。

企業に対しての印象や、応募した理由

なぜその企業にエントリーしたか、どのような部分に魅力を感じているかについて話しましょう。インターンシップや就活の準備として、多くの人が企業研究を行っていると思います。企業研究の際に感じた魅力を、具体的に自分の言葉で述べてみましょう。志望動機を説明するのではなく、印象を語る程度の長さに収めましょう。

「〇分で話してください」と言われたら?

面接の際には「自己紹介を2分でお願いします」「30秒でお願いします」など、話す時間を指定されることもあります。1分間に話す文字数は250文字から300文字とされていますので、2分なら倍、30秒なら半分の文字量と考えて、話す内容を決めておくといいでしょう。また、事前に家で時間を計りながら練習をして、1分や2分といった感覚を身につけておくといいでしょう。

好印象を与えるためのポイント

ここまで、自己紹介の具体的な内容について説明してきました。話す内容についての説明の次は、好印象を与えるポイントについて紹介していきます。

笑顔で話す

好印象のカギは、何よりも笑顔です。いくら自己紹介の内容が素晴らしくても、表情に乏しいようでは伝わりにくくなってしまいます。「笑顔をつくるのは苦手」という人もいると思いますが、面接は印象が大切です。当日までに笑顔の練習をしてみましょう。あごを引いて口角を上げるようにすると、自然な笑顔がつくりやすくなります。

背筋をのばす

姿勢がいい人は、印象もよくなるものです。部屋に入室する際、イスに座る際など、どのような場面でも背筋を伸ばすことを忘れないようにしましょう。猫背が気になる人は、鏡を見ながら姿勢を正す練習をしてみましょう。ちょっとした心がけ一つで、相手に与える印象は大きく変わるものです。

はっきりと話す

笑顔がすばらしく姿勢がいい人でも、聞かれたことにボソボソと答えているようではマイナスイメージを与えてしまいます。相手の質問に対しては、大きな声ではっきりと答えるようにしましょう。緊張をすると早口になったり、小声になったりする人もいるかもしれませんが、「大きな声を出す」「わかりやすくはっきりと話す」という点に気をつけてみましょう。

まとめ

今回は「【インターンシップ・就活】面接の自己紹介のポイント」というタイトルで、インターンシップや就活の面接の場での自己紹介のポイントについて述べてきました。

採用担当者に好印象をもってもらうためには、面接の場に適した対応が必要になります。少しの工夫であなたの印象がガラリと変わってきますから、より効果的な面接術を身につけていきましょう。ぜひここに書いたことを参考にして、面接を成功させてください。