これから就活準備を始めようという人のために、就活についてのさまざまな情報をお届けしています。今回は「内定をもらったら、就活は終わりにするべき?」というテーマで、内定について考えてみたいと思います。

内定をもらったら就活は終わり?

まずは「内定をもらったら就活は終わりにするべき?」という疑問にお答えしましょう。答えはもちろん「No」です。もちろん、就職を希望しているから採用試験を受けるのだとは思いますが、いくつか候補がある中で、最初に内定が出た企業に決めなくてはならないというルールはありません。

では実際に、どのように内定が通知されるのか、また、どのように対応したらいいのかを見ていきましょう。

内定の知らせは「電話」が多い

内定の通知は「電話」でくることが多いようです。移動中など掛かってきた電話に出られないこともあると思いますので、就活中は留守番電話機能を利用するようにしましょう。もしも留守電に採用担当者からの連絡が入っていたら、できるだけ早く折り返すようにします。

内定通知にどう答える?

内定通知の電話があった場合、その場で入社意志を確認されるケースも多くあります。「もちろん就職したい!」との気持ちが固まっている場合は、内定の連絡をありがたく受けましょう。

「他に入社したい会社がある」「この会社に決めていいかどうか迷っている」という場合は、まずは感謝の言葉を述べた上で、現在の入社意志について伝えます。たとえば「他の採用選考の結果が出てからお返事させていただきます」など、正直な理由を伝えてしまって構いません。変にごまかすよりも、率直に正直な気持ちを伝えましょう。

2020年卒の内定率は?

先ごろ、マイナビ「2020年卒マイナビ大学生内定率調査」が発表されました。調査結果によると、4月末時点での内々定率は、前年比6.1pt増の39.3%でした。すでに5人中2人は内々定を獲得している状況といえます。

文理男女別の内々定率

詳しいデータを紹介しましょう。同調査では2020年卒予定の学生にアンケートを行っていますが、その中で「これまでに企業から内々定を受けましたか」という質問をしています。

大学生・大学院生全体の4月時点の回答結果をみると、「はい」39.3%、「いいえ」60.7%となっています。

文理男女別に結果を見てみましょう。文系男子の回答結果では、「はい」35.5%、「いいえ」64.5%となっています。文系女子では、「はい」32.5%、「いいえ」67.5%でした。

理系男子の回答結果では、「はい」50.9%、「いいえ」49.1%となっています。理系女子では、「はい」42.8%、「いいえ」57.2%でした。

文理別の結果を見ると、文系よりも理系のほうがかなり内々定率が高くなっていることがわかります。ちなみに、理系の学部生では「はい」44.3%、「いいえ」55.7%、院生では「はい」51.8%、「いいえ」48.2%という結果でした。

内定をもらって今後の活動は?

また、同調査では内々定者に「今後の活動について教えてください」という質問もしています。4月時点での回答はどのようになっているでしょうか。

まずは大学生・大学院生全体の回答結果を紹介します。「内々定先に満足したので終了する(終了している)」が29.1%、「内々定先に不満だが活動は終了する(終了している)」が1.4%、「内々定先に不満なので続行する」が16.6%、「内々定先に不満ではないが、他の企業も見たいので続行する」が51.9%、「その他」1.0%という結果でした。

すでに「終了している」とした人の合計は、30.5%でした。

こちらも、文理男女別に結果を見てみましょう。

文系男子の内々定後の活動

すでに内々定をもらっている文系男子の今後の活動について、回答結果は以下の通りです。

「内々定先に満足したので終了する(終了している)」が17.6%、「内々定先に不満だが活動は終了する(終了している)」が2.0%、「内々定先に不満なので続行する」が20.4%、「内々定先に不満ではないが、他の企業も見たいので続行する」が58.8%、「その他」1.2%という結果でした。

すでに「終了している」とした人の合計は、19.6%でした。

文系女子の内々定後の活動

すでに内々定をもらっている文系女子の今後の活動について、回答結果は以下の通りです。

「内々定先に満足したので終了する(終了している)」が19.5%、「内々定先に不満だが活動は終了する(終了している)」が0.9%、「内々定先に不満なので続行する」が19.6%、「内々定先に不満ではないが、他の企業も見たいので続行する」が59.6%、「その他」1.0%という結果でした。

すでに「終了している」とした人の合計は20.4%で、文系男子と同じような比率の結果でした。

理系男子の内々定後の活動

すでに内々定をもらっている理系男子の今後の活動について、回答結果は以下の通りです。

「内々定先に満足したので終了する(終了している)」が43.6%、「内々定先に不満だが活動は終了する(終了している)」が1.6%、「内々定先に不満なので続行する」が11.3%、「内々定先に不満ではないが、他の企業も見たいので続行する」が42.6%、「その他」0.9%という結果でした。

すでに「終了している」とした人の合計は45.2%で、文系男子・女子に比べてかなり多くなっています。

理系女子の内々定後の活動

すでに内々定をもらっている理系女子の今後の活動について、回答結果は以下の通りです。

「内々定先に満足したので終了する(終了している)」が37.2%、「内々定先に不満だが活動は終了する(終了している)」が0.8%、「内々定先に不満なので続行する」が15.7%、「内々定先に不満ではないが、他の企業も見たいので続行する」が45.6%、「その他」0.6%という結果でした。

すでに「終了している」とした人の合計は38.0%で、理系男子ほどではありませんが4割近くが終了しているという結果でした。

まとめ

今回は「内定をもらったら、就活は終わりにするべき?」というテーマで、内定について考えてきました。後半のデータを見てもわかる通り、内定や内々定をもらったとしても就活を終わりにする必要はありません。自分にあった就職先についてよく考えて、より理想的な答えを出すようにしてみましょう。