インターンシップの募集サイトなどを見てみるとたくさんの企業の情報が掲載されていますが、どのようにして参加先の企業を決めたらいいのでしょうか。

今回は、業界選びという視点から見ていきましょう。

どんな業界がある?まるわかりガイド

業界とは、同じ産業や商業に携わっている人たちの社会、世界のことをいいます。全体を大きく分けると、以下の8つの業界に分類できます。どのような業界があるのかを知って、インターン先選びに役立てましょう。

また、リクナビ2020が発表している「人気企業ランキング」から、業界内の人気企業を紹介しています。どのような会社に人気が集まっているのかも見ていきましょう。

メーカー

メーカーとは、ものをつくる企業のこと。製造業とも呼ばれます。開発・製造している分野によって「鉄鋼メーカー」「機械メーカー」「自動車メーカー」「食品メーカー」などに分類されます。

リクナビ2020「人気企業ランキング」によると、メーカーの人気企業ベスト5は以下の通りです。

1位 ニトリ<文具・事務機器・インテリア>

2位 パナソニック<総合電機(電気・電子機器)>

3位 ニッポンハムグループ<食品>

4位 キリン<食品>

5位 三菱電機<総合電機(電気・電子機器)>

商社

商社では、取引の仲買をして利益を得ます。たとえば、商材を売りたいメーカーから仕入れをして、それを買いたい小売業者に販売する、といった形です。あらゆる商材を取り扱う「総合商社」と、特定の商材のみ取り扱う「専門商社」に分類できます。

「人気企業ランキング」によると、商社の人気企業ベスト5は以下の通りです。

1位 伊藤忠グループ<商社(総合)>

2位 三谷商事<商社(総合)>

3位 マルハニチロ<商社(食料品)>

4位 全日空商事<商社(総合)>

5位 ファーストリテイリンググループ<商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)>

小売

メーカーや卸売業者から商品を仕入れて一般消費者に販売します。「百貨店」「スーパーマーケット」「専門店」「コンビニエンスストア」などが小売業にあたります。

リクナビ「人気企業ランキング」によると、「百貨店・専門店・流通・小売業界」の人気企業ベスト5は以下の通りです。

1位 ロフト<専門店(複合)>

2位 東急ハンズ<専門店(複合)>

3位 パルコ<百貨店>

4位 セブン-イレブン・ジャパン<コンビニエンスストア>

5位 ノジマ<専門店(家電・事務機器・カメラ)>

金融

経済を支える役目を担う金融業界は、お金を動かすことによって利益を生み出しています。主に預金や融資を取り扱う「銀行」、主に株式や債券を取り扱う「証券」、主に保険商品を取り扱う「保険」などの分野があります。

金融業界の「人気企業ランキング」ベスト5は以下の通りです。

1位 日本郵政グループ<都市銀行・信託銀行>

2位 ジェーシービー<クレジット・信販>

3位 三菱UFJ信託銀行<都市銀行・信託銀行>

4位 りそなグループ<都市銀行・信託銀行>

5位 損害保険ジャパン日本興亜<損害保険>

サービス

企業や個人が求めるサービスを提供して利益を得るのがサービス産業です。企業を相手にサービスを提供する「人材」「建設・土木」や、個人を相手に提供する「教育」「旅行」「レジャー」「外食」などの分野があります。

リクナビではサービス・インフラの「人気企業ランキング」を発表しています。ベスト5は以下の通りです。

1位 JTBグループ<旅行>

2位 日本旅行<旅行>

3位 Plan・Do・See<ブライダル・冠婚葬祭>

4位 近畿日本ツーリスト<旅行>

5位 ANAテレマート<航空>

情報

情報を世の中に伝える役割を担う業界です。メディアと呼ばれる「新聞社」「出版社」「放送局」や、メディアを通じて宣伝を行う「広告」などの分野があります。

情報(広告・通信・マスコミ)業界の「人気企業ランキング」ベスト5は以下の通りです。

1位 博報堂プロダクツ<広告>

2位 ジェイアール東日本企画<広告>

3位 ウエスト<放送>

4位 松竹<放送>

5位 アクア<広告>

IT・ソフトウェア・通信

IT業界は「インターネット・web」「情報処理サービス」「ソフトウェア」「ハードウェア」の4分野に分けられます。コンピュータやインターネットなどを使用した情報処理や通信技術に携わります。

リクナビ「人気企業ランキング」でのIT・ソフトウェア・情報処理業界のベスト5は以下の通りです

1位 富士ソフト<ソフトウェア>

2位 Sky<ソフトウェア>

3位 ピクシブ<インターネット関連>

4位 NECソリューションイノベータ<ソフトウェア>

5位 野村総合研究所<情報処理>

興味がもてる業界を探してみよう

今回は「業界」について紹介してきました。「就職したい会社はどこ?」と聞かれてもすぐには思いつかない人でも、「面白そうな業界は?」「興味が持てそうな業界はある?」と聞かれたらイメージできるのではないでしょうか。

特定の業界に興味をもったなら、まずはインターンシップに参加してみましょう。いくつかの企業を回ることで、より理解を深めることができます。