「インターンシップに行くと報酬がもらえるの?それとも無給?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。ここではインターンの種類による報酬の有無や、アルバイトとの違いについて説明していきます。

インターンシップの種類と報酬

まずはインターンシップの種類について知っておきましょう。インターンシップにはさまざまな分類方法がありますが、開催期間で見ると次のように分けられます。

短期インターンと長期インターン

インターンシップを開催期間で見てみると「短期インターン」と「長期インターン」に分けられます。短期インターンは数日~1カ月程度、長期インターンは1カ月以上にわたって行われます。また、1日だけ行われる1dayインターンも多くの企業で開催されています。

短期インターンでは、セミナー型やグループディスカッション型のプログラムを行うところが多くなっています。セミナー型では、企業側からの説明を参加者全員で聴くという会社説明会のような形式がとられます。グループディスカッション型では、参加者が数人のグループをつくって1つの課題について話し合い、結論を導いていくという形式です。

一方、長期インターンでは就業型のプログラムがほとんどとなります。実際の仕事の現場に配属されて、社員と同じように働きます。

有給になるのは長期インターン

長期インターンでは、数カ月~長ければ1年以上という期間で就業型のインターンシップが行われます。会社の各部署に配属になり、社員と同じように実務に就く形になりますので、労働への対価が支払われるケースがほとんどです。

実際の仕事の現場を体験することができる長期インターンには、学べることがたくさんあります。ただし出勤日数や勤務時間が長くなりますので、スケジュール的に余裕がない場合は参加するのが難しくなるでしょう。

アルバイトとインターンの違い

「働いて報酬を得る」という点では、インターンシップとアルバイトの差はあまりないように感じてしまいます。両者の違いはどこにあるのでしょうか。

アルバイトってなに?目的は?

一般的にアルバイトというのは、学業や本業とは別で行う仕事のことを言います。収入を得るための副業という位置づけです。

学生がアルバイトをするときには、「生活費の足しにしたい」「欲しい物のためにお金を貯めたい」など、お金を稼ぐことが目的であるケースが多くなるでしょう。勉強や技術を習得するというよりも、収入を得ることに重点が置かれます。

インターンシップはどこが違う?

アルバイト経験のある学生は多いと思いますが、アルバイトとインターンシップの違いはどこにあるのでしょうか。ここでは特に、報酬のもらえる長期インターンとの違いについて見ていきます。

アルバイトの目的が収入であることに対して、インターンシップへの参加は就業体験やスキルアップであるケースが多くなります。「インターンを通して、特定の仕事についての知識や技術を深める」ということが大きな目的になるでしょう。体験することでイメージ通りの仕事なのかどうかも判断できますから、就職してからのミスマッチを防ぐこともできます。

以上のことから、インターンとアルバイトではそもそもの目的が大きく違うと言うことができます。

インターンとアルバイト、どちらを優先するか

インターンとアルバイトの違いについてお話してきましたが、両方のかけもちは可能なのかどうかを考えてみましょう。

バイトをしながらインターンに参加できる?

「現在アルバイトをしている」という人は多いと思います。アルバイトを続けながらインターンシップに参加することはできるのでしょうか。

短期インターンに参加する場合は、調整すればかけもちも可能でしょう。1~2週間程度は拘束されることになりますが、アルバイトとインターンの時間帯がずれていれば問題はありません。時間帯が重なっている場合は、アルバイトのシフトを変更してもらうなどの対策をとってみましょう。1dayインターンの場合は大きな問題はないでしょう。

長期インターンとなると、かけもちは難しくなります。数カ月にわたってインターン先の企業に通うことになりますから、学業やサークルとの両立だけでも厳しいものがあります。また、長期インターンでは有給となることを考慮すれば、アルバイトとかけもちをする必要性も低くなると思われます。

インターンシップに参加するメリット

長期インターンとアルバイトのかけもちは難しいというお話をしましたが、どちらかを選ぶのであればインターンシップを選ぶことをおすすめします。

どちらも有給であれば、「収入を得る」という目的はどちらでも達成することができます。インターンシップに参加すれば、就業体験やスキルアップという目的もかなえることができるでしょう。

さらに、インターンシップに参加することで内定に結びつくケースもあります。得られるものの大きさから考えれば、インターンシップを優先するべきだと言えるでしょう。