前回に引き続き、「参加してよかった」と思えるインターンシップについてデータをもとに考えていきます。実際にインターンに参加した学生はどのような点を評価し、「参加してよかった」と感じるのでしょうか。

本当に行ってよかったインターンシップ

リブセンスの就活生向けクチコミサイト「就活会議」は2018年5月に、「学生が本当に行ってよかったINTERNSHIP AWARD 2018」を開催しました。前回は、「総合評価が高かった部門」を受賞した5社を紹介しましたが、今回は他の部門を受賞した企業について見ていきましょう。

アワードの6つの部門

まずは6つの部門をおさらいします。「学生が本当に行ってよかったINTERNSHIP AWARD 2018」には6つの部門があります。

  • 「総合評価が高かった部門」
  • 「業界理解が深まった部門」
  • 「メンターのコミット部門」
  • 「自己成長に繋がった部門」
  • 「テーマが興味深かった部門」
  • 「選考に有利に働いた部門」

これらの部門の受賞者は、「就活会議」に寄せられた2019年卒業予定の学生からの体験レポートをもとに選考されました。レポートにはインターンのテーマや内容に加えて、「志望度が上がったか」「その後の就職活動にどのような影響を与えたか」といった本音が記載されています。

また体験レポートに加え、「総合評価」「選考難易度」「業界理解」「会社理解」「メンターのコミット」「自己成長」「内定直結度」「学生のレベル」「テーマの面白さ」の9項目について、5段階評価をしています。

「業界理解が深まった部門」の受賞企業は?

「業界理解が深まった部門」のトップ5を紹介します。この部門は、インターンシップを実施した企業だけでなく、インターンに参加したことでその業界全体の理解も深まったと感じた企業が選出されています。

1位 村田製作所[電気・電子]総合評価4.0

  • 選考難易度 2.0
  • 業界理解 5.0
  • 会社理解 4.0
  • メンターのコミット 5.0
  • 自己成長 4.0
  • 内定直結度 4.0
  • 学生のレベル 5.0
  • テーマの面白さ 4.0

2位 第一生命保険[生保/保険その他]総合評価4.0

  • 選考難易度 4.0
  • 業界理解 5.0
  • 会社理解 4.0
  • メンターのコミット 4.0
  • 自己成長 4.0
  • 内定直結度 2.0
  • 学生のレベル 4.0
  • テーマの面白さ 3.0

3位 ベクトル[広告]総合評価4.0

  • 選考難易度 2.3
  • 業界理解 4.7
  • 会社理解 4.3
  • メンターのコミット 2.0
  • 自己成長 2.7
  • 内定直結度 2.7
  • 学生のレベル 3.0
  • テーマの面白さ 4.3

4位 三菱総合研究所[ソフトウェア/情報処理/専門サービス]総合評価4.3

  • 選考難易度 4.7
  • 業界理解 4.3
  • 会社理解 4.7
  • メンターのコミット 3.3
  • 自己成長 3.7
  • 内定直結度 2.7
  • 学生のレベル 4.7
  • テーマの面白さ 4.3

5位 野村総合研究所[情報処理/専門サービス]総合評価5.0

  • 選考難易度 4.3
  • 業界理解 5.0
  • 会社理解 5.0
  • メンターのコミット 4.7
  • 自己成長 4.0
  • 内定直結度 4.0
  • 学生のレベル 4.7
  • テーマの面白さ 4.7

「メンターのコミット部門」の受賞企業は?

「メンターのコミット部門」は、メンター(社員)が全力で取り組んでくれた企業に贈られます。インターンシップにおいて学生1人あたりのメンター数が多く、また付きっきりでのフォローがあるなど、手厚いサポートがあった企業が受賞しています。

1位 ネットプロテクションズ[webサービス/その他金融]総合評価4.8

  • 選考難易度 3.0
  • 業界理解 3.0
  • 会社理解 3.8
  • メンターのコミット 5.0
  • 自己成長 4.8
  • 内定直結度 3.2
  • 学生のレベル 3.6
  • テーマの面白さ 4.6

2位 Fringe81[webサービス/インターネット附随サービス業/広告]総合評価5.0

  • 選考難易度 3.5
  • 業界理解 3.0
  • 会社理解 3.5
  • メンターのコミット 5.0
  • 自己成長 5.0
  • 内定直結度 5.0
  • 学生のレベル 4.0
  • テーマの面白さ 4.5

3位 NTTドコモ[通信業]総合評価5.0

  • 選考難易度 3.0
  • 業界理解 5.0
  • 会社理解 5.0
  • メンターのコミット 4.0
  • 自己成長 5.0
  • 内定直結度 2.0
  • 学生のレベル 4.0
  • テーマの面白さ 5.0

4位 LITALICO[その他サービス]総合評価4.4

  • 選考難易度 2.8
  • 業界理解 4.0
  • 会社理解 4.6
  • メンターのコミット 4.8
  • 自己成長 4.0
  • 内定直結度 4.0
  • 学生のレベル 3.8
  • テーマの面白さ 4.4

5位 サイバーエージェント[webサービス/広告]総合評価5.0

  • 選考難易度 4.0
  • 業界理解 3.7
  • 会社理解 4.0
  • メンターのコミット 4.7
  • 自己成長 5.0
  • 内定直結度 4.0
  • 学生のレベル 4.3
  • テーマの面白さ 3.7

1位になったのはどんな会社?

「業界理解が深まった部門」1位の村田製作所と「メンターのコミット部門」1位のネットプロテクションズについての紹介を引用します。今後の企業研究・業界研究の参考にしてみてください。

村田製作所について

ファンクショナルセラミックスをベースに、パソコンやスマートフォン、クルマ等に使われる電子デバイスの研究開発・生産・販売を行っている。 グループで売上は1兆円、従業員数は70,000名を超える日本を代表する電子部品メーカー。積層セラミックコンデンサを始め、世界シェアNo1の製品をいくつも生み出している。 新卒採用数は毎年200~300名(18卒は技術系:200名、事務系:40名)。また、2016年の定着率は98.2%に登り、その入社満足度の高さが窺い知れる。

ネットプロテクションズについて

「つぎのアタリマエをつくる」というミッションを掲げる「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業。主幹事業の「NP後払い」は、導入店舗23,000店、累計ユーザー数1億人を超える規模に成長。BtoB、BtoC両面で事業を展開している。今後は保有している1億件以上の個人取引データ、100万社以上の企業データをもとに、国内外の様々な領域へ進出を計画している。組織については、自律・分散・協調を実現するティール型組織を目指し、マネージャー役職の廃止等、様々な独自施策を実施している。