インターンシップに参加をするときには「どんな服装をすればいい?」「持ち物は何が必要?」など、悩むことも多いのではないでしょうか。今回は「インターンに参加するときにはどんなカバンがベスト?」というタイトルで、カバンを中心とした持ち物や服装について紹介していきます。

ベストなカバンはコレ!

インターン当日に持つカバンは、どのようなものを選ぶのがベストでしょう。服装やアクセサリー、他持ち物はTPOに合わせて選ぶことが基本ですから、インターンシップの場にふさわしいものを選ぶようにしましょう。

インターンにスーツで参加する場合

インターンに参加するときには、スーツを着用する機会が多いでしょう。とくに大手商社や銀行といった堅いイメージの会社のインターンシップに参加する場合は、とくに指定がなかったとしてもリクルートスーツを着用するのが無難です。

スーツを着るときには、スーツにふさわしいカバンを持ちましょう。「荷物がたくさん入るからリュックがいい」という人もいるでしょうが、できればカジュアルなものは避けましょう。シンプルなビジネスバッグを選ぶのがベストです。どんなスーツにでも合わせられるようなビジネスバッグを1つ用意しておくと便利でしょう。

カジュアルな服装で参加する場合

「私服でお越しください」「服装自由」などの指定がある場合は、カジュアルな服装でインターンに参加するケースもあるでしょう。そういった場合は、ビジネス向けのトートバッグやショルダーバックなどを選ぶのもいいでしょう。

注意したいのはカジュアル過ぎないこと。トートバッグにする場合も、派手な色を選ぶのは避けたほうがいいでしょう。ビジネスの場にふさわしいシンプルな配色のものを選ぶのがベストです。

カバン選びで気をつけたいこと

カバンを選ぶときに気をつけたいのは、普段使いのリュックなどカジュアルすぎるものを選ばない、ということです。派手だったり個性的だったりといった、ビジネスの場にふさわしくないものは選ばないようにしましょう。

ではなぜ、カジュアルすぎるものや派手すぎるものはよくないのでしょうか。インターンの場では、本人の能力のほかに、一般常識やビジネスマナーを身につけているかどうかもチェックされます。その時に、場にそぐわないカバンを持ってくるようでは、常識やマナーがないと判断されてしまいます。

カバン選びのチェックポイント

インターンシップに持って行くカバンを選ぶときには、どのような点をチェックすればいいでしょうか。一般的な選び方について紹介しましょう。

スーツに合う形、色か?

一般的なリクルートスーツを着る場合に、そのカバンが似合うかどうかをチェックしましょう。形だけでなく、色や装飾なども重要です。ビジネスシーンにふさわしいカバン選びをしていきましょう。

A4の書類が余裕で入るか?

インターンシップに参加するときに履歴書などを持参することがあります。また、参加先の企業からは、会社案内パンフレットなどの資料が配られることが多いです。それらの書類を入れるために、A4サイズが入るかどうかを確認しておくといいでしょう。ギリギリ入る程度では資料が多い場合に入りきらなくなってしまいますので、余裕をもって入るようなカバンがベストです。

パソコンやタブレットが入るか?

最近では、仕事での移動の際にパソコンやタブレットを持ち歩くことが多くなりました。持ち運びに困らないためにも、パソコンを入れるタイプのカバンかどうかもチェックしたほうがいいでしょう。

ポケットや仕切りは使いやすいか?

カバンの中で小物や財布などと大切な書類をしっかり分けて入れるためにも、ポケットや仕切りは使いやすいかどうか、をチェックするといいでしょう。

とくに女性の場合はちょっとしたメイク道具などを入れることも多いと思います。必要な荷物がぴったり収まるような仕様になっているかどうかを見定めましょう。

耐久性や耐水性はどうか

耐久性、つまりカバンが丈夫かどうか、長持ちするかどうかについては、しっかりチェックしておきたいところです。素材や縫製などをわかる範囲で確認してみましょう。また、多少の雨が当たっても心配しなくて済むように、耐水性があるかどうかもチェックするといいでしょう。

まとめ

今回は、「インターンに参加するときにはどんなカバンがベスト?」というタイトルで、カバンを中心とした持ち物や服装について紹介してきました。服装や持ち物はTPOに合わせて選ぶことが大切です。「服装がスーツなら小物はコレ、カバンをスーツに合わせよう」とか、「カジュアルなジャケットを選ぶから、カバンはトートバッグがよさそう」など、服装によってふさわしいカバンを選んでおくと便利でしょう。

インターンシップに参加をするということは、一般常識やマナー面でのチェックも行われるケースが多いです。「たかがカバン」と思わずに、担当者に好印象を与えるようなカバンを選んでみましょう。